無農薬栽培って・・・・・?

ブログを始めた事ですし、この際!深い問題も最初から切り込んでみます。
気にされている方も多いと思われる無農薬~有機栽培の安全性についてです。
~家庭菜園なども含め農業を行う上で、誰もが考える事に『無農薬栽培』や『有機栽培』等の栽培方法があります。
はたして、無農薬~有機栽培は誰もが思う様に【安心】かつ【安全】なのでしょうか?
今回は『無農薬栽培』に的を絞ってみます。

結論から記しますと。。。
無農薬栽培の農産物の安全性は、白でも黒でもなく【グレー】だといえます。

なぜでしょうか?

~植物は病害虫などのストレスを受けると体内に『天然農薬』といわれる生体防御物質を生成します。
総ての植物に云える事で、その毒性~発癌性等は人工農薬と同等もしくはそれ以上の場合があるからなんです。
考えてみれば極自然な事ではないでしょうか?
人間にも体内に侵入した異物を排除しようとして『白血球』が作用します。
同じ様な作用は植物にもあって当然でしょう。

『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書』を参考文献として。

1990年、米カリフォルニア大学のB N Ames博士らは、アメリカ人の食事に含まれる農薬物質の99.99%が植物由来の天然農薬であるという調査結果を公表しました。
~1990年当時52種類の天然農薬の発癌性に関して試験がなされていて、その内の27種類の天然農薬に対して発癌性が認められているとの事です。
博士らは、天然農薬は人工農薬とほぼ同等の発癌リスクを有していて、人工農薬はその摂取量が天然農薬に比べて極めて少ないことから、危険はほとんど無いと結論しています。
~人体への毒性を考慮すべきは、残留基準が厳密に定められている残留農薬ではなく、植物が自ら生成する天然農薬では無いでしょうか?。
農薬が適切に使用されていれば植物は農薬に守られて健やかに生長し、体内に天然農薬を生成する必要がありません。
近年の人工農薬は分解性が高く、適切に利用されている限り、我々が口にする頃にその残留量は基準量を上回ることは無いと思われます。

国内の農薬に対する取り組みに関しては農林水産省の農薬の基礎知識が参考になります。

残留基準量はその農薬を人が一生涯に渡って、仮に毎日摂取し続けたとしても危害を及ぼさないと見なせる体重1kg当たりの1日摂取許容量 (ADI)に基づいて決定されています。
登録された農薬について定められた使用方法を遵守することで、農薬の安全性が確保されます。。。となっています。

ただ、先の資料は少し古いのも否めません。
近年では新たに問題とされる人工農薬が出て来ているのも事実で【ネオニコチノイド】を主成分とした殺虫剤の毒性が取りだたされています。
既にEU諸国では危険性が重視され、対策が取られているとか。
日本も看過せずに事の正否を含め対処すべきではないかと考えます。
~正式な対策や通達があるまで、私たち農家も自主的に控えるしか方法はありません。

しかしです、、、
認可当時は他への害が無い事を徹底された『人工農薬』ですら、数年後に危険性が発見されたりします。
では、殆んど何も調べられていない『天然農薬』はどうなのでしょう??

いささか乱暴な【まとめ】かも知れませんが。
私は、けして農薬使用を推奨したいと考えていません。どちらかと云えば無農薬が良いと考えています。
しかし、【天然農薬】の危険性が調べられず、『無農薬栽培』の安全性が確実でないのなら、当然『無農薬栽培』も推奨出来ません。
情報収集に努めつつ、作物の状態を把握して、適正かつ適量の農薬を使用し、“作物に過度のストレスを与えない”。そんな栽培と作物が理想では無いでしょうか?